独学で行政書士を合格する術|未来に役立つ資格

文房具

合格するまでの道のり

スーツの人

マンガから話題に

行政書士の資格を取ろうとする人が増えたのは、その仕事を主に描いたマンガが人気を呼んだことから、その影響によって勉強する人が多くなったといわれています。しかも行政書士は受験資格がないため、セミナーや大学に通わなくても誰でも試験を受けることができ、独学でも勉強することが可能です。もし独学で勉強する場合は、行政書士に関する参考書や過去問などの本を使って勉強すると、試験がどのような内容を出題されるのか、記述はどのように書けば良いのかわかるようになり、より勉強しやすくなります。本屋で関連の本を探すのも良いですが、古本屋で探すといろんな人が使い終えて売られた本を販売しているので、定価よりやすく購入することができます。

合格率は低いです

しかしたとえ独学で勉強することができるといいましても、だからといってその難易度が誰にでも取ることのできるものではなく、そのパーセンテージは毎年合格率は一桁です。年によっては2パーセントしか合格率がないこともあり、その何度が伺えます。ですが行政書士の試験内容をしっかりと把握することができれば、おおよそ試験に合格することもできるので、勉強して理解していくことはとても大切です。要は、ただ記憶するだけでは合格するのが難しく、ちゃんと試験に出てくる内容を把握して勉強しなければなりません。行政法だけでなく憲法や民法も出題してきます。独学で勉強するのであれば自分のペースを保ちながら、より高度に勉強していくことが必要となります。

オススメリンク

  • 行政書士に独学で受かる方法

    取得が難しいと言われている行政書士は独学で合格を目指してみませんか?効率よく勉強できるテキスト選びのコツを紹介しています。

自分に合った方法

男の子とウーマン

現在、保育士が必要になってきている中で資格の制度も変化してきています。保育士の資格を取りたい中には、保育について専門的に学びたい方、主婦など就職先を増やすために取りたい方など人それぞれです。保育士の受験資格は進学先など進む道が幅広いので、自分自身に合った学校を選んでみてはいかがでしょう。

詳しく見る

マネジャーに必要なスキル

男性

プロジェクトに関わるマネジャーとしてキャリアを積むのであれば、マネジメントに関する資格を取得すると役に立ちます。実践経験を伴うスキルを備えていることをアピールすることができるからですが、その取得のためには普段の業務でスキル取得を意識することも必要です。

詳しく見る

就職や昇進に必要

スーツの人

ビジネス系の仕事は仕事に直結することもあり、多くの人が取得を目指しています。難しい資格もありますが、専門的な分野では必須になることも多く学生のうちから取得のための勉強をすることも少なくありません。能力のアピールにもつながってきます。

詳しく見る